子供とタクシーに乗る時にチャイルドシートは必要なのか?

タクシー
スポンサーリンク

タクシーに子供を連れて乗せる時にチャイルドシートが必要なのか必要じゃないのか気になった方もいることだと思います。

ボクが所属しているタクシー会社のタクシー運転手でもしっかりわかっていない人もいて、チャイルドシートがないからと言って断った事によりクレームになってしまった事案もあります。

という事なので、今回は子供を連れてタクシーに乗る際にチャイルドシートは必要なのか必要ではないのかを営業しても売上が上がらなくて若干拗ねているボクことシィ坊(@shiybou)が書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

タクシーやバスではチャイルドシート免除です!

最近の若人達は文字を読むのが苦手だという噂を耳にしたので、豪快にタイトルにしてやりましたが、答えはタイトルの通りになっています。

タクシーやバスに乗車する際にチャイルドシートは必要ありません

そしてしっかり答えがわかってしまったので、これからまだ一生懸命ボクは書き続けていきますが、以降を読み進める必要もありませんが、理由やボクがチャイルドシートを求められた時のエピソードを書いていくので、優しい人は読んでみてください。

チャイルドシートが必要ない状況

道路交通法では自動車の運転者は6歳未満の幼児を乗せて運転する際には幼児用補助装置を使用しなければいけないと決まっています。(道路交通法第71条の3第3項)

チャイルドシートを日本語にすると幼児用補助装置となるという事が勉強できましたね。これだけでもこのブログを読み進めた値打ちがあるってもんだと思ってくれたらステキです。

 

そんな事より、運転者はチャイルドシートを着けない6歳未満の幼児を乗せてはいけないという事がわかっていただけたかと思いますが、一応一般車両であっても装着義務が免除される場合があります。

・チャイルドシードが物理的に使えない場合

・身体の状態によってチャイルドシートが使用ができない場合

・緊急の場合

現代走っている車で物理的にチャイルドシートが使えない場合という場合がどの様な状況なのか全くイメージ出来ません。

そんな車ってそもそも車検通らないんじゃないか?とさえ思ってしまうのですが、知っている方は教えて下されば喜びます。

 

さて、一応この様に定義されているので、いずれかに該当する場合はチャイルドシートの必要はないということになります。

では次にタクシーやバスは何故必要ないかという事を書いていきたいと思います。

取り敢えず免除となる根拠は道路交通法第26条の3の2 第3項を引用して下に張り付けさせていただきますが、基本的に書き方が固いし、いまいち意味が分かりにくいかもしれませんので、一瞬で読み飛ばしてください。

 

六  道路運送法第3条第1号に掲げる一般旅客自動車運送事業の用に供される自動車の運転者が当該事業に係る旅客である幼児を乗車させるとき。

七  道路運送法第78条第2号又は第3号に掲げる場合に該当して人の運送の用に供される自動車(特定の者の需要に応じて運送の用に供されるものを除く。)の運転者が当該運送のため幼児を乗車させるとき。

 

と書かれていますが、いまいち意味がわかりませんよね?わかった方はそれで良いのですが、わからなかった人の為にボクがわかりやすく解説したいと思います。

 

タクシーとかバスとかは良いんだってさ。

 

小学生であってもわかるような説明が出来て満足した所で、タクシーに幼児を乗せる場合の注意点を書いていきたいと思います。

幼児をタクシーに乗せる場合の注意点

注意点というよりもお願いになってしまうのかもしれませんが、ちゃんと座らせておいてください

子供ってタクシーに乗ったら割と騒ぐんですよね。

一般車とは違って色々な装置がついているので、前に乗り出してきてみたりだとか、シートの上に立ってピョンピョンしてみたりだとかする子が見受けられるんですよね。

我が子は大丈夫だという方は大丈夫なんでしょうが、ガチャガチャする子は本当に危険なので出来れば親が注意して下さったら助かります。

事故でなくても、カーブの時や危険回避の為に強めのブレーキを踏む事なんて有る話ですからね。

 

ボクは親が注意しなかったら『あんまり騒いでたらオッチャン怒っちゃうかもしれんで~!』と言うので大人しくしてくれるのですが、運転手によっては子供の事よりもクレームや親に何かを言われるのを嫌って放置する人がいますので、我が子は自分で守ってください

まだ立つ事の出来ない様な子は面倒だとは思いますが、本気で子供を守る事を考えているなら、まず大人がシートベルトをしてから抱っこ紐で子供を抱っこしてあげてください。

抱っこ紐で抱っこしている状態で、一緒にシートベルトをしてしまうと、万が一の時子供がベルトと大人に挟まってしまうのでとんでもない事になってしまいます

ボク達運転手は事故を起こすつもりなんて毛頭ありませんが、起こってしまう可能性も0ではないので、後悔するくらいなら多少の面倒も苦にならないはずです。

もし長距離移動が確定している場合なら、チャイルドシートを持参して付けてもらうという選択肢もありますし、ボクの所属しているタクシー会社なら配車室に電話した際に『チャイルドシートを乗せてるタクシーにしてください。』と言うとチャイルドシートを乗せているタクシーがきますので、お住いのご近所のタクシー会社がチャイルドシートのサービスをしているか確認しておくのも一興かと思います。

チャイルドシートが必要ないのに必要としてきた人

これはボクがあまりにも面倒だったので断ったお客様との話です。

深夜にボクがいつものバス停でまったり無線を待っていた時にその女性はやってきました。

若干お酒の匂いをさせている女性はボクのタクシーに乗り込んできてすかさず言いました。

 

『あれ?チャイルドシートないの?』

 

ボクの所属している会社は先述の通り持っている人もいるのはいるのですが、夜中走っている人で持っているのはせいぜい1台か2台くらいなもんです。

当然ボクは持っていないので、持っていない旨をお伝えすると、『何で持ってないんや!じゃぁ子供は乗ったらあかんのか!』と中々のボリュームの声で叫びました。

ですのでボクはタクシーはチャイルドシートが無くてもお子様のご乗車が可能であるという事と、今現在お客様がお一人で乗ってきているので、必要ないのではないかという事を言いました。

すると彼女はさらに怒って吠えてきました。

 

私のお腹に赤ちゃんいるやないの!この子は乗ったらあかんのか!

 

ほぉ、現時点で妊婦か妊婦じゃないかもわからないくらいの貴女のお腹の中にいる赤ちゃんをどうやってチャイルドシートに座らせるというんだい?

 

面倒臭せえ。

ボクの頭の中にはその言葉しか出て来ませんでした。

言うまでもなく、誰もが知っていると思いますがお腹の中にいる赤ちゃんにチャイルドシートは必要ありません

その旨を女性に告げてみたのですが、まだ言ってきます。

 

『じゃぁこの子には人権がないってことか!あんたはウチの子を人間として見てないんか!』

 

そんな事は誰も言ってないし、現時点の日本では出生届を出した時に人間としての権利を与えられる事になっています

とは言ってもこの人がカトリック教徒である可能性もあるので、受精から人権が与えられるという考えのもと言ったとしても、チャイルドシートがあった所で座れないよね?

妊娠してるからシートベルトしなくてもいいですか?とかならまだしも、お腹の中にいる赤ちゃんの為にチャイルドシートを用意しろと言われて、無かったら怒るとか意味わからないんですけど。

 

別に妊婦さんを差別するつもりなんて毛頭ありませんが、この人は面倒臭いし損しかしない気がしてなりませんので、チャイルドシートを乗せている先輩に電話して押し付けてやりました。

 

しばらくしたら先輩から電話がかかってきました。

『お前、面倒くさいから俺に擦り付けてきたんやろ?最悪やったぞ!』

 

『いやいやいやいや、先輩!何をおっしゃっているんですか⁉ボクがそんな事をするわけないじゃないですか!』

 

『お前はそういう奴や。わかっとんねん。』

 

完全にバレていました。貴方は会社の先輩を弄って遊んだりしないでくださいね。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市で倒産寸前の会社を経営しながら阪神間を拠点にタクシー乗務している副業ドライバー。
タクシー乗務中に起こった出来事や私生活の事を徒然なるままに記しています。
読んでくれた方が少しでも笑顔になってもらえるように役に立ちそうで役に立たないブログを更新しています。

シィ坊をフォローする
タクシー タクシー色々 タクシードライバーの乗務日誌
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
柔道参段 体重115キロのタクシー運転手

コメント