ブラック企業なんて辞めてタクシー運転手に転職してみませんか?

タクシー
スポンサーリンク

大人になると当然仕事をしなければいけない事は誰もが知っている事でしょう。

やりたい仕事が出来ている人はさぞかし努力もしてきたでしょうし、運もよかったのだと思います。

しかし世の中『お金の為に働いている』というだけで、仕事に対して楽しみを覚えていないという人も多くいるのではないでしょうか。

上司との折り合いが悪かったり、働いていて辛い、仕事ばかりで自分のやりたい事なんて一切出来ていないという話はよく耳にします。

そんな人に対してボクがよく言うのが『じゃぁ独立したら?』というびっくりする程他人事な意見なのですが、事実ボクは社会不適合者だと20代で気付けたので独立する方向に自分の動きを変えていきました。

しかしいきなり独立するのって怖いと思っているそんな貴方にお勧めします。

 

タクシー運転手なんてどうですか?

 

今回のブログは会社勤めが嫌になって心が病んでしまっている人に一旦落ち着いてもらえればと思って書かせていただきます。

スポンサーリンク

タクシードライバーに転職してみるという選択肢

会社勤めが辛くなって、転職しようと思っている人は大勢いらっしゃると思いますが、追い詰められ過ぎると次の仕事を考える余裕もなくなってしまいますよね。

勢いで辞めてしまって、金銭的に厳しい状況になってもこまりますし、社会保険や年金も現実的に考えて繋いでおきたいですよね。

そんな貴方には取り敢えず腰掛け程度にタクシー運転手なんて選択肢もあるという事を知っておいて頂きたいです。

タクシー運転手の給料

仕事をする上で最も大切なのは誰がどんな綺麗事を言った所で間違いなくお金だとボクは思っています。

やりがいやら何やらかんやら有るとは思いますが、ボクの本業の様にやりがいは山盛りあって、自分のやりたい事であっても給料が3万円程度ではやってられませんよね。

ということで、以前ボクが全国のタクシードライバーの平均年収を都道府県別にランキングを作っていますので、給与の面ではそちらをご参考にしてください。

 

 

どうですか?思っているよりも断トツで給料低くないですか?

その安っすい給料はリンク先のブログにも書いていますが、年金をもらってただタクシーの運転席に座っているだけに等しいおじいちゃんの給料も含まれていますので、実際はそんなに低い事はないと思います。

少なくとも年金をもらう年齢に達していない人でそんなに低い売上の人をボクは見た事ありませんので、その辺りはご心配なさらなくても大丈夫かと思います。

では次は多くの人から質問された普通二種免許について書いていきたいと思います。

普通二種免許の費用は会社もちです!

タイトルに答えをガッツリ書いているのですが、大切な事なのでもう一度書きますが、普通二種免許の取得費用は全て会社が支払ってくれます

とは言ってもボクの所属している会社では交通費は自分持ちでしたけどね。

大抵の場合は2週間程度で取得できて、タクシー協会、ハイヤー協会で乗務員登録証を貰う為の研修を2,3日受けて一応タクシードライバーになる事は出来ます。

費用は上記の通り支払ってもらえますが、会社を辞めたら費用を返済しなければいけません

会社によって何年所属しないといけないというルールが決まっていると思いますので、そこは面接で確認して頂きたいところですね。

ボクの所属している会社では2年以内に辞めたら返済しなければいけないとなっています。

ですので、そんなに続けたくないと思っている人はタクシー運転手になるのはやめておく事をお勧めしますが、それ以上続けるなら無料ですので、普通二種免許の費用について心配する事はありません。

タクシー運転手になる事でのメリット

タクシー運転手になる事で得るメリットで、ボクが一番感じたのは時間の余裕です。

基本的にタクシー運転手という職業は皆様のイメージ通り勤務時間は長いと思います。

確かに勤務している時間が長いのは長いのですが、言ってしまえば一人で車に乗ってウロウロしているだけなので、それを勤務と取るか取らないかは自分次第という事です。

こんな事を書いても良いのかわかりませんが、ボクは昼勤務の時は自宅の晩御飯の買い物に行ったりしますし、何なら自分の妻を駅まで送って行ってみたり、祖母を病院に送ってみたりと中々好き放題させてもらっています。

会社によっては問題になるのかもしれませんが、基本的に出庫してしまえば誰に文句を言われる事もありませんから基本自由です。

最近は夜勤務なので、車を使って何かするという事はなくなりましたが、待機中にどうぶつの森ははかどりますし、今書いているブログもタクシーの中で書いています。

本業の決算時期になったらタクシーの中で書類を作ったりもします。

眠たければ待機しながら寝ればいいし、それが嫌なら家の車庫に車を止めて家で寝る事だって可能です。

働き方は自分で決めて自分の必要な給料を持って帰られるだけの売上をすれば良いだけです。

お金が欲しい人は我武者羅に働けばちゃんと給料に反映されますし、ボクの様に時間が欲しい人は給料さえ確保しておけばゆっくりできます。

ただ、自分の好きに働きたいなら、会社から求められている売上以上の売上はしておかないと怒られてしまいますので、その辺だけは仕事だという事は忘れない様にしていただきたいと思います。

タクシー運転手になる事でのデメリット

タクシー運転手になる事での最大のデメリットはやはり給料ではないかと思います。

給料と言っても、給料が低いという事がデメリットになるわけではなく、給料をあげたくても上げられない時が絶対に出て来ます

簡単な例で言うとインフルエンザ等長期間に渡って仕事に出られない時は基本的に給料は保証されない場合があります。

これはタクシー会社の賃金体系にもよって変わってきますので、入社の際にしっかりと聞いておかなければいけない事の1つになってきます。

ボクの所属する会社の場合、給料が完全歩合制なので、売上が出来ない時は自動的に給料も下がってしまいます。

前項で書いた通り自分の売上は自分で稼ぐので、昨今の新型コロナウィルスでの外出制限などが出てしまった場合、本気で頑張っても1万円ちょっと超えたら良い方という事になってしまいます。

良い時という時期はそんなにないのに、悪い時にはモロに影響を受けてしまうのがタクシー運転手のデメリットと言えるのではないかと思います。

新人の時に売上が取りにくい

どの業界でもそうなのかもしれませんが、新人の時は中々売上を取る事ができません。

どこをどの様にして走れば売上が上がるのかなんて絶対にわかりませんし、先輩方も自分の食い扶持なので本当に美味しい事は中々教えてくれません。

新人さんは半年くらいは研究してより効率の良い仕事の仕方、売上の上げ方を見つけ出さなければいけません。

自分の中で流れが出来てしまえば簡単な事なのですが、仕事を与えてもらえるのは無線だけなので、自ら稼ぐ方法を探すというのが辛い部分になってしまいます。

人によってはもっと多くデメリットを感じている人もいるとは思いますが、ボクの思うデメリットはこんなものでしょうかね。

さぁ!心を病ますくらいなら一回逃げよう!

別に逃げる先はタクシー運転手でなくても良いのですが、自分を追い詰める前に一度逃げてみませんか?

体や心を壊してしまってはいけませんし、死んでしまっては元も子もありませんよね。

ボクは以前勤めいていた会社が倒産してしまって、腰掛け程度に始めたタクシー運転手ですが、ボクには合っていただけなのかもしれませんが、やりがいもありますしそれなりに楽しんでやっています。

どうですか?

気持ちを楽にして一度検討してみてはいかがでしょうか?

半自営業みたいな気持ちでやってみるのも面白いかもしれませんよ?

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市で倒産寸前の会社を経営しながら阪神間を拠点にタクシー乗務している副業ドライバー。
タクシー乗務中に起こった出来事や私生活の事を徒然なるままに記しています。
読んでくれた方が少しでも笑顔になってもらえるように役に立ちそうで役に立たないブログを更新しています。

シィ坊をフォローする
タクシー タクシー色々
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
柔道参段 体重115キロのタクシー運転手

コメント