ヌーディストなのか?いや露出狂だ!交渉上手で面倒なカップル登場!

タクシー
スポンサーリンク

最近真面目に更新していますが、更新内容が真面目過ぎて面白くないと妻に言われたので、久しぶりにお客様ネタでも投稿してみようかと思います。

ふざけた内容をありのままに書くので、時間の無駄になってしまうかもしれませんが、お暇な方は時間潰しに読んでみてください。

本日も安全運転で腕挫十字固という事で毎度の事ながらシィ坊(@shiybou)がお届けします。

スポンサーリンク

露出狂の交渉上手なカップルに絡まれた

世の中色々な性癖を持っている方はいらっしゃると私自身理解していますが、そういったものは個人的に楽しんでいただくものであって、人様を巻き込んでするものではないと思っています。

タクシーを運転していると、時々ですがおかしな事を頼んでくる人がいます。

可能な事ならば余程の事が無い限り断る様な事はしないのですが、今回ばかりは一切受け入れる事ができませんでした。

因みにこの話しを他の運転手にしたら、ボク以外そんなお客様に遭遇したことが無いと言っていたので、極めてレアなケースなので、『こんな事に遭遇出来るならタクシードライバーになりたい!』と思っても遭遇出来ない可能性の方が確実に高いのでそれ目的でタクシードライバーになるのはやめておくことをお勧めします。

神戸の三宮駅近辺を走っていた時の出来事

ボクは普段芦屋界隈を流しているので、三宮近辺を走っている時は仕事をする気がなく何か買い物に行こうと企んでいる時か、お客様を下して帰ろうとしている時だけです。

そんなボクが珍しく三宮を走っていた時にその出来事は起こりました。

 

三宮での土地勘は素人に毛が生えたていどのボクは三宮で仕事をしたくないのですが、手が上がってしまったら止まるしかないので、その日も仕方なく止まる事にしました。

ボクがドアを開けると若い男女が乗り込んできました。

ボクが行き先を尋ねると、若い男性が身を乗り出してボクに話しかけてきました。

『お願いがあるんですけど、聞いてもらえますか?お金は払いますので』

お金を払う意志がある事はわかりました。しかし問題なのはそのお願いの内容ですよね。

 

ボクは答えました。

『出来る限りの事はお受けいたしますが、無茶はしませんし、格安で遠くまで言ってくれというのも無理ですよ?』

すると、男性はシートに深く腰を下ろして、女性となにやらヒソヒソと話しはじめました。

話しが終わるまでの間、ボクはしばらく待っていました。

すると男性は『よし!頼んでみる!』と大きな声で言ってボクに話しかけてきました。

 

『僕と彼女を乗せて人通りの多い場所をゆっくり走って欲しいんです!』

なんて事はない依頼なので、ボクは承諾しました。

すると彼は続けて言いました。

 

『僕たち裸になりたいんですけどいいですか?』

 

全く意味がわかりません。

裸になるのは基本的にお風呂だけです

という事で外で裸になるのは露天風呂だけです。

 

ここまで読んでくださっている方なら多分わかると思いますが、ボクがいる場所は露天風呂ではなく、交通量の多い三宮近辺の路上に止まっているタクシーの中です。

おかしな事を言い出す輩もいたものです。

ボクが驚きのあまり答えに詰まっていると彼はさらに続けてきました。

 

運転手さんも裸になって帽子とネクタイだけになってください。

 

馬鹿じゃないのこいつ。

ボクの率直な感想でした。

 

さて皆さん想像力をかき立てる時間がやってきました。

後ろに20代前半のそれなりに美形な男女二人が裸で乗っているタクシーがあります。

よく見ると運転手は裸なのに帽子とネクタイをして運転しています。

ここまでちゃんと想像できましたか?

想像できた方に質問です。

 

このタクシーのおかしい所はどこですか?

 

 

全部おかしいですけど、一番おかしいのは運転手ですよね。

後ろの人たちは性癖で楽しんでいるかもしれませんが、運転手であるボクは絶対楽しくないですからね。

その一番楽しくないボクが何故一番恥ずかしい恰好をさせられなければいけないのでしょうか。

百歩譲ってボクが服を普通通りに着ているのならまだ依頼の理由はわかりますけど、裸になる上に何故帽子とネクタイをしなければいけないのでしょうか。

 

絶対に嫌です

 

ボクは半笑いで断るしか選択肢が見つかりませんでした。

ボクが断っているにもかかわらず、彼はまだしつこく言ってきます。

 

『お礼はします!走った分の料金と別に1万円支払います』

 

1万円って馬鹿じゃないの

長い人生ですから汚点と言われるものはいくつかできていくでしょう。

その中でも最大級の汚点になりかねない行為にたいしての報酬がたったの1万円しかもらえないとか馬鹿でしょ。

もし仮にボクが露出という行為に多少の興味があって、一人では恥ずかしいから無理だなと諦めていたと仮定した場合にこの状況が訪れたらよだれを垂らして喜ぶのは間違いないと思います。

一人じゃない上にお礼にお金までいただけるんですから申し分ないですよね。

しかし残念ながら私はそのような趣味が微塵もありません。

ボクは全力で断らせていただきました。

 

すると彼は言いました。

『じゃぁ運転手さんはそのままでいいですから、私たちだけ裸で乗せて下さい。』

人間の心理を巧みに読んでいる言葉です。

初めにわざと間違いなく拒否される依頼をしておいて相手に拒否させて、次の普通なら拒否されそうな依頼を通す作戦のようです。

若いのに交渉の仕方を心得ている中々将来有望そうな男子です。

露出狂という所を除けば

車の中で裸になるのは犯罪です

基本的に私的な空間で裸になる事は犯罪ではありません。

しかし車の中はいくら自家用車の中であっても裸になってはいけません

ましてやその車がタクシーとなると余計に裸になってはいけません。

初めにも書きましたが、自分の性癖を通すために他人に迷惑をかけたり、ましてや巻き込んだりしてはいけません。

事の結末

私も一瞬『それならいいかな』と思ってしまいましたが、すぐさま違うという事に気付きました。

彼はまだ続けます。

 

『お金は勿論走った分と別に1万円出させてもらいます。』

 

要求が低くなっているのに報酬は変わらないという所もうまいですよね。

当然初めから報酬は決めていて、ボクが裸ネクタイ帽子を受けようが拒否しようがそこは変わらないんですよね。

私は彼に言いました。

『とても上手に交渉しますね。他の運転手ならOKするかもしれないから他を当たってください。』

ここまで言っても彼はすがります。

彼女も裸になるけど見たくないですか?

なるほど、今度はそっちの方向に持って行って交渉を成立させたいようです。

そろそろ時間も押してきてボク自身この場から早く立ち去りたかったので止めの一言を言いました。

 

『あんたらの汚い肛門がシーツについたら嫌やからお断りします!』

 

ここまで一言もしゃべらなかった女性が怒った様な顔をして言いました。

 

汚くないです!

 

いや汚いから。

これだけは絶対ゆずりませんが、汚いから。

 

汚いし臭いから。

 

もう追い打ちはかけませんでしたが、男女は諦めて降りていってくれました。

軽く30分くらい無駄にしてしまったこのやりとりですが、交渉する上で大事な事を学んだような気がしました

この様な内容の依頼は当然ボクのタクシー人生で最初の依頼でした。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市で倒産寸前の会社を経営しながら阪神間を拠点にタクシー乗務している副業ドライバー。
タクシー乗務中に起こった出来事や私生活の事を徒然なるままに記しています。
読んでくれた方が少しでも笑顔になってもらえるように役に立ちそうで役に立たないブログを更新しています。

シィ坊をフォローする
タクシー タクシードライバーの乗務日誌
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
柔道参段 体重115キロのタクシー運転手

コメント