タクシードライバーのクレームは何処に入れるべき?会社はダメです!

タクシー
スポンサーリンク

当サイトにお越しくださいましてありがとうございます。

このブログは現役タクシードライバーであり、元タクシー会社の管理職をしていたボクことシィ坊がタクシーに関するクレームはどのようにすれば最も効果があるかという事を書いていきたいと思います。

今回のブログを書くにあたって数多くのブログを拝読したり、色々なタクシー会社の管理職さんにお話を伺ってきました。

タクシードライバーさんの意見としては、会社にクレームが来ることを嫌がっているようで、会社にクレームを上げるのが一番良いと書かれているようですが、ボクは全力で否定したいと思います。

 

タクシードライバーに関するクレームはタクシー会社に入れた所で何の効果もありません。

 

むしろ会社にクレームを入れてほしいから会社にクレームを入れるのが一番効果的だと書いているのではないかとさえ思ってしまいます。

 

ではどこにクレームを入れるのが一番効果的かというと、該当地区を管轄している陸運局、陸運支局です。

とは書きましたが、陸運局、陸運支局にクレームを入れる場合はクレームの入れ方という物が存在していますので、取り敢えず電話をかけて話をするだけでは、ただ愚痴を聞いてくれるだけになってしまいます。

本日のブログはクレームを入れてもダメな場所と正しいクレームの入れ方について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

タクシー会社は時間の無駄!クレームは陸運局へ入れよう

では多くの人が推しているタクシー会社のクレームは何故意味がないかという事から説明していきたいと思います。

タクシー会社にクレームを入れた場合

ボクが働いているタクシー会社や、近辺のタクシー会社及びボクの働いているタクシー会社の本社が辺りの営業所の例をあげると、会社にクレームが入るとその営業所の管理職の方がクレームを処理する事になります。

だいたいどこのクレームを担当する人でもそうだと思いますが、とにかくお客様の感情を落ち着けようとして基本的に謝るという対応になるでしょう。

それでもだめなら金額の返還などの対応にまわり、取り敢えずクレームを処理します。

 

そして帰って来たドライバーにクレームの話をして事実確認をした後に事実であれば『次回から気を付けてくださいね!』的な感じで終わるのですが、こんなもん何にも痛くありませんよね。

上司に怒られたからといって別に命が取られるわけでもないし、会社は運転手さんがへそまげてやめられても困るしで、はっきり言って一般企業よりはクレームに対する意識は低いです。

 

運転手は免許証があればどこのタクシー会社でもすぐに働く事ができるので、割とあっさりやめてしまいます。

当然人気の職業ではないので、常に人は足りない状態なので、会社としては運転手さんにやめられてはたまったものではありません。どうしても運転手には強く当たれないという現実があります。

ボクは昔クレームに対して厳しく対処して、2人程別の会社に行ってしまいました。

それでボクは始末書を書かされるというよくわからない事になってしまうんですよね。会社の質をよくしたい、より良いサービスをお客様に提供したいと考えてのボクの行動は会社にとって悪い事となるのです。

 

ですので、会社にクレームを入れた所で特に何の改善もなされる事はありません

タクシー協会、ハイヤー協会にクレームを入れた場合

これはある意味正解と言えるクレーム先になります。

タクシー運転手の商売道具は基本的に運転免許証になるのは皆さまご存知だとは思いますが、実はもう一つ大切な商売道具が存在しています。

 

乗務員登録証です。

 

これは地域を管轄しているタクシー協会、ハイヤー協会が発行しているのですが、これにも運転免許証と似たような点数方式で管理されています。

これは道路交通法と同じ様に何をしたら何点というように細かくルールが設定されていて、そのルールに逸脱した行為が確認されれば減点方式で点数がなくなっていってしまいます

 

違反を重ねて点数が0になったら乗務員登録証が没収となってしまいます。

 

0点になってしまったら登録が取り消しとなってしまって、そのタクシー協会が管轄している地域で仕事が出来ないばかりか、政令指定都市で登録が取り消された場合は他の政令指定都市で乗務する事が出来なくなってしまいます

因みに政令指定都市以外ではタクシーに乗務する事ができるのですが、政令指定都市以外で売り上げを大きく上げるには古くからその地域で働いていて顧客を持っていなければ中々厳しいのは間違いありません。

因みにこれは運転免許証の免許取消しとは違い、再度交付を受ける事が出来ないそうです。

 

これは激痛ですよね。

しかしこれはクレームを入れるにあたって確実な証拠が必要になります。

例えば『○○タクシーのナンバープレートが○○のタクシー運転手がタクシーの中で煙草を吸っていました!』というクレームを入れたとします。

しかし電話だけではそれはいたずらで入れているだけかもしれませんよね。例えば警察に行って、『今制限速度40km/hの道を100km/hで走って来たので切符を切ってください!』と言っても切ってくれませんよね。

それは警察官が現認していないから切符を切れないという事はわかりますよね?

それと同じで、確実な証拠がなければタクシー協会も愚痴を聞いてくれるだけになってしまいます。

追記しておくと、個人タクシーのクレームはタクシー協会、ハイヤー協会が効果的かと思います。

陸運局、陸運支局にクレームを入れた場合

最初にここにクレームを入れるのが一番効果的だとかいたのですが、陸運局、陸運支局にクレームを入れる場合もタクシー協会、ハイヤー協会にクレームを入れる場合と同じで確実な証拠が絶対に必要になります。

確実な証拠とは何なのかというのは次の項で書くとして、まずは陸運局、陸運支局にクレームを入れた場合はどうなるのかという事です。

 

該当地区を管轄の陸運支局に確実な証拠を持ってクレームを入れるとまずはタクシー会社に事実確認を依頼して、事実であった場合はタクシー協会に連絡が入り、該当乗務員の処罰を依頼します。

そして該当乗務員の所属会社に監査が入る事になります。

クレームや事案の大小によって変わってきますが、場合によっては長期間タクシーの車停命令が来てしまいます。

これは会社としてはかなり痛いです。

該当乗務員に対しての指導も厳しくなりますし、車停は車が新しい物から止められてしまうので、その車を担当している他の乗務員からも責められる羽目になってしまいます。

 

そして監査には監査提出書類という物があるので、普段から完ぺきにしている会社であっても万が一の漏れがあってはいけないので、監査日までに管理職が必死になって作成や確認をしなければいけません。

はっきり言って面倒です

一人の乗務員の不謹慎な行動で多くのドライバーや管理職に多大な迷惑をかけてしまうと共に、本人の乗務員登録証の点数も減ってしまいます。

以上のことから、ボクは陸運局、陸運支局に言うというのが一番痛いクレームの入れ方だと思っています。

タクシー協会や陸運局に出す確実な証拠とは?

確実な証拠というのは先述の煙草の場合を例に挙げると、タクシードライバーが実際煙草を吸っている事が確認できる写真か動画がまず1点。

そして、その運転手の乗務員登録証の写真か乗務員番号

さらにそのタクシーに乗っていた証拠となる領収証、乗車時間及び降車時間と移動区間が必要となります。

 

そうです。かなり面倒臭い事が必要になってしまいます

 

ちなみに暴言を吐かれたという場合は音声データのみではダメです。動画で撮影しなければいけません。

そもそも乗務員登録証って何なのさ?ってなる方もいると思いますので説明しておくと、タクシーの左前についている表示板の車内側に付いている、運転手の顔写真や会社名、登録番号や有効期限が書かれている物を指します。

これらすべてをそろえてやっとクレームとして取り扱ってもらえるのです。

何故こんなに面倒なものをそろえないといけないかというのは、ボクがわざわざ言わなくてもわかると思いますが、いたずら防止のためですよね。

適当ないたずらでそのドライバーや会社に多大な損害を与える事になってしまうので、そんなに簡単に動けるわけがないのはわかっていただけますよね?

結果どうすればいいのか

はっきり言って小さいクレームは何処に電話をかけようが、どこに怒鳴り込んで行こうが結果は同じで大した効果は見込めません

運転手と揉めたとか運賃が高かったとかそんな話は日常茶飯事過ぎて対応なんてしていられないというのが現状ですし、クレームを受けている会社やタクシー協会、陸運支局は何処までが事実なのか、そもそも本当の話なのかさえわかりませんので、取り敢えず気のすむまで気のすむ様にさせるしかありません

クレームは証拠がそろって初めてクレームとしての対応をすることが出来ます。

証拠のないクレームはただの愚痴でしかありませんので、無駄だという事を知っておいていただけたらと思います。

かと言って運転手に対して恫喝、謝罪を強要、ましてや暴行してしまってはただの犯罪者になってしまいます。

そのような事だけは無いようにしていただければと思います。

証拠がないクレームの正しい対処方法

証拠が取れなかった場合ははっきり言ってクレームを挙げる意味が全くなく、貴重な時間を無駄にしてしまうだけですので、やめておくことをオススメします

しかしそれでは腹の虫が収まらん!と言う方は最も効果を発揮する方法があります。

そのタクシー会社の利用を止めてください

タクシー会社が少ない場所ならそうはいかないのかもしれませんが、他に選ぶ事の出来るタクシー会社があるならすぐさま乗り換えて頂くことが最も効果的です。

質の悪いタクシー会社が淘汰されて質の良い会社だけになれば運転手ももっと危機感を持って仕事をすることでしょう。

サービスの向上は競争から生まれてきます。

貴方が良いタクシー会社、良いタクシードライバーに巡り合えた時にその会社やドライバーを末永く使ってあげてください。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市で倒産寸前の会社を経営しながら阪神間を拠点にタクシー乗務している副業ドライバー。
タクシー乗務中に起こった出来事や私生活の事を徒然なるままに記しています。
読んでくれた方が少しでも笑顔になってもらえるように役に立ちそうで役に立たないブログを更新しています。

シィ坊をフォローする
タクシー タクシー色々
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
柔道参段 体重115キロのタクシー運転手

コメント