今までタクシー運転手をしていて一番『粋』だったチップの渡され方

タクシー
スポンサーリンク

数ある職業の中で、チップという物を頂ける職業ってかなり少ないと思うんですよね。

タクシー運転手はその稀な職業の1つでお客様からチップを頂ける事がまぁまぁの頻度であります。

『お茶でも飲んで』と言ってくれて200円くらいくれる方もいれば、『端数取っといて』と言って20円くださる方もいらっしゃいます。

以前920円の料金で札を1枚渡されて『お釣りは結構です』と言われて見てみると1万円札だった事がありました。

絶対間違えてると思って『お客さんこれ1万円札ですよ?』と言うと『間違えた!』と言って1.000円札に交換された方もいました。

そりゃそうですよね。いくら何でも『ありがとうございます! 』とは言えませんよね。

当然ですが夜は暗いので、もしこの様な事をする場合は自分の渡すお金がいくらなのか確認してから渡してください。運転手によっては『ありがとうございます!』で終わってしまう事がありますからね。

スポンサーリンク

タクシーでチップを出す必要はありません

基本的にタクシー料金という物にサービス料は含まれていますので、それ以上の金額を渡す必要は全くありません。

そりゃそうですよね。コンビニで買い物して店員さんにチップ渡さないですよね?

もしかしたら渡している人がいるのかもしれませんが、少なくとも私は聞いた事ありませんし、見た事もありません。

タクシー運転手をしている私が言うのも変なのかもしれませんが、タクシー運転手に対するチップは必要ないものであると言い切っておきます。

実際にどれくらいチップがもらえるのか

今回久しぶりにタクシー運転手として復帰したのですが、6年前と比べてチップを頂ける確率はかなり減っています。

6年前の時は私の仕事の仕方が基本的に自分のお得意様に使って頂くというスタンスだったからなのかもしれませんが、平均して月に5万円くらいにはなっていました。

復帰後の印象としては月に5千円あれば良い方ではないかと思います。

かなり減ったなと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、よく考えてみてください。

他人から少しずつお金をもらって、月5千円貯まるってすごい事じゃないですか?

給料以外で初めて会った他人からそんなにお金がもらえるとか一般的なサラリーマンでは考えられませんよね。

1回でもらったチップの最高額

これは当然昔乗っていた時に叩き出した金額なのですが、チップで一撃9.880円頂いたのが最高金額です。

最近は夜勤務なのですが当時は昼勤務をしていまして、日曜日で開催日の時だけですけれども阪神競馬場にお客様を求めてよく流しに行っていました。

競馬が終わる時間になると、大量に人がでてくるのでほぼ間違いなくお客様と出会う事が出来ます。

そんな時に手が上がったお客様だったのですが、運良く長距離を引き当てて道中お話をさせていただいたのですが、その日は大勝ちしたそうでとても上機嫌でした。

そして降りる際に11.200円のメーター表示の所、2万円を出してきて『御裾分けや!釣取っといて!』と言われたのが最高金額です。

こんな事は当然ながら私のタクシー人生で1回きりだったので、滅多にある事ではないと思いますが、こんな事も事実あります。

因みに2番目は5千円でしたが、5千円は何度か経験させていただきました。

最近出会った嬉しいチップの渡され方

今回のブログのタイトルにしている『一番粋だったチップの渡され方』です。

そのお客様はとてもお急ぎの様でした。

はっきり言って歩いて行ってもさして遠くない距離をわざわざタクシーという高額な移動手段を使って下さった有難いお客様です。

ご自身の乗りたい電車の時間が迫っていて苦肉の策で使ってくださったのかもしれませんが、『○○駅まで急いでください!後5分で電車来るんです!』との事でした。

私の感覚から言って、駅までの道のりが信号のつなぎが最悪だったとしても3分程度。

現着後切符を買うのか交通系ICカードで入るのか知りませんが、切符を買わずに急げばホームまで1分程度なので、恐らく間に合うだろうと判断しました。

『多分間に合いますよ!可能な限り急ぎますね!』と言って走り出したら見事に信号で止まらなかったので、余裕も余裕で現着できました。

さぁ、いよいよ降りてダッシュですが、駅に着くなり『そこに680円置いてます!助かりました!』と言って自分でドアを開けて走って行ってしまいました。

これでお金を置いていなかったらただの乗り逃げですが、センターコンソールに目をやるとそこには千円札が1枚置かれていました。

お釣りを受け取る時間さえも惜しんだのでしょうが、それなら『千円置いてます。お釣りは結構です。』と普通なら言いそうなもんじゃないですか。

それを『680円置いてます』と言って出ていくのが何となく粋じゃないですか?

こっちが『お釣り渡さないと!』と思って焦るのを回避させてくれる心遣いが感じられてチップをもらった事も有難い事ですが、それ以上に嬉しく思いました。

タクシー運転手はチップがもらえる希少な職業

他人からお金をもらうという普段考えられない様な経験が出来るタクシー運転手ですが、興味を持たれた方いらっしゃいますか?

最近こそは大分減っているのですが確かにチップを頂く事ができます。

とは言っても6年前よりも売上もチップもガクッと下がっている印象なので中々厳しいですね。

運でチップに賭けるよりも兎に角稼げるように仕事場を確立する事か、自分のお客様を掴む努力をしていきたいと思います。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市でひっそり会社経営してるオッサンです。
育児の事から趣味の事など役に立ちそうで立たない事を更新中!
読んでくれた人に少しでも笑顔になって欲しいなと思っています。

シィ坊をフォローする
タクシー
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
ボクとヨメ

コメント