Ⅱ型糖尿病を気合で治す!1ヶ月で9kgの減量に成功!

雑記
スポンサーリンク

タクシー会社の初任診断が終了して、病院に行ってから大方1ヶ月が経過しました。

1ヶ月間気合で血糖値をさげる努力をしていたので、早速前回書いた病院に行ってみる事にしました。

どれ程危険な数値を出していたかは下のリンクを読んでみてください。

出来れば流れを知っていただきたいので、読んで頂きたいのはやまやまなのですが、『そんなもん読んでるほど暇じゃないわ!』という方もいらっしゃるかもしれないので、こちらにも前回の結果を書かせていただきます。

身長:176cm

体重:116kg

血糖値:344mg/dL

HbA1c:14%

御覧の通り大きな病院に行ってしまったら入院確実の数値をたたき出していたのですが、今回の結果はどうなったのでしょうか。

スポンサーリンク

最悪の結果から1ヶ月でどこまで変わるのか

本当なら病院にも行かずに気合だけで数値を下げてやろうと思っていたのですが、病院に行かなければ血糖値の測定が出来ないという事に気付いたので、以前に病院へ行って臭いオナラが大量にでる素敵な薬を頂いてきました。

私自身血糖値を下げる為に薬も飲んでいましたが、それ以上に気合を入れて極力炭水化物を避けた食事をし、食べる量そのものを頑張って減らしてみました。

もうね、これで血糖値は勿論の事ですがHbA1cが下がっていなかったら間違いなく重篤な疾患である事は間違いないと思うくらい本気で頑張ってみました。

期待と不安を胸に病院へGO!

仕事を途中で抜けて前回行った病院に行ってきました。

当然薬はまだ残っているのですが、タクシーに早く乗りたいのでフライング気味で病院に行く事にしました。タクシーに乗らなければいけない理由が気になる人は下のリンクを覗いてみてください。

病院に入ると運よく前の患者さんが終わった所だったので、すぐに呼んでくれました。

診察室の中に入ると先生に言われました。

『今日は風邪?』

いやいや、私が風邪で病院に行くときって動くのがやっとのレベルの時ですので、今までこの病院に風邪で来ている時はもっと悲壮感が漂っているはずですよ。

今日の私は不安もありますが、それ以上に1ヶ月やり通した事の結果が早く知りたくて期待に胸を膨らませている状態ですからね。

先生に前回の血糖値の事で来た旨を伝えて診察スタートです!

とは言ってもこの1ヶ月どうだったか聞かれたくらいで、採血して検査をする事しかする事がないので、取り敢えず採血をしてもらって検査の結果を待つという事になりました。

先生が言います。

『前回HbA1cが14%やったから、もしそこから1%でも上がっていたら入院確定やからね。』

流石にそれはないだろう。

先生に嘘をついていかにも頑張った様な事を言った所で結果を見れば嘘がわかるのですから、そんな所でくだらない嘘をついても私に何のメリットもありませんよね。

さらに先生は言います。

『前回出した薬は効き目の弱い薬だから、HbA1cが12%になってたら大成功と言っても良いくらいですね。』

成る程、12%まで下がっていたら1ヶ月の私の苦労は報われたと判断してもいいということですね。

結果は2日後に出るという事なので、FAXで結果を送ってくれるという算段をつけて、病院を後にしました。

勿論夢の薬の追加分もいただきました。

翌日の夕方に病院から電話が!

夕方頃に友達が少ない故にヨメ以外からはかかってくる事のまず無い電話がなりました。

病院からお電話です。

結果が出るには早すぎるので何か別の話しか、何やら問題が発生しているのかとドキドキしながら電話をとりました。

『シィ坊さん今大丈夫ですか!?30秒だけ時間ください!』

なにやらとっても興奮していますが、30秒とは言わずにもっと長くても全く問題がないアイドルタイムです。

私が問題ない旨を伝えると先生はとても興奮して言いました。

『結果来ましたよ!血糖値が89でHbA1cが9%です!驚異的な数字ですよ!』

私に早く知らせたかったが為にわざわざ電話をかけて来てくださいました。

大人になってこんなに人から褒めて頂ける事なんて中々ないので、シンプルに嬉しいですね。

しかしすごい減りじゃないですか?

人間無茶をすればそれなりに健康に近づく事が出来るということですね。

この調子で今後も続けていきたいと思います。

1ヶ月での成果発表

取り敢えず1ヶ月でどれだけ変わったのかを並べて書いてみたいと思います。

左が1ヶ月前の数値で右が最新の数字です。

身長:176cm      →  175,6cm

体重:116kg     →  107kg

血糖値:344mg/dL  →  89mg/dL

HbA1c:14%     →  9%

これって中々頑張ってませんか?

身長が若干縮んでいるのはご愛敬として、ついでに体重も9kg程下がってるし良い感じですよね。

この調子で行けば中2以来の三桁割が見えてきます。

しかし先生に言われてしまいました。

『急激に落とし過ぎるのも良くないから程々にね!』

そしてヨメに言われました。

とても穏やかな顔で優しい笑顔で言いました。

『体重落ちてるのに顔同じ大きさやね。

今日からランニングも始めてやろうと企んでいます。

シィ坊の気合で減血糖値はまだまだ続きます!

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市で倒産寸前の会社を経営しながら阪神間を拠点にタクシー乗務している副業ドライバー。
タクシー乗務中に起こった出来事や私生活の事を徒然なるままに記しています。
読んでくれた方が少しでも笑顔になってもらえるように役に立ちそうで役に立たないブログを更新しています。

シィ坊をフォローする
雑記
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
柔道参段 体重115キロのタクシー運転手

コメント