お父さん必見!父親の保護者会参加によるママ友との距離感を考える

子育て・育児
スポンサーリンク

私は今保護者会の役員をしています。今年度で2期目になり、そろそろお役も終わりが見えてきました。昨年度は長男のクラスで役員になり、今年度は次男のクラスで役員になりました。

ミィ子ではなく父親の私が役員として参戦させて頂いているので、他のお母さん方とお会いする機会も多いですし、お話する機会も他のお父さんに比べたら断然多くなります。

皆さん優しいので、私の様な人間にも温かく接してくださるのでありがたいのですが、相手の大半が女性ですので気を使う事も多いのは事実です。

昨年度は初めての事だったので、どの程度の距離感で接したらいいのかわからず、若干トラブルになりかけた事もありました。

もし今後、保育所や幼稚園の保護者会や地域の父母の会などに参加しようと思っているお父さんがいらっしゃいましたら読んでおいてください。

スポンサーリンク

ママ友との上手な距離感をとるのもマナー!

こちらがパパで相手はママさん達なので、ママ友という言葉が適応されるのかどうかはわかりませんが、ママ友とは親密になりすぎてはいけません。

私の感覚から言うと、お母さん達はあまり気にすることなく1父兄としてお付き合いしてくださいます。年代も近いので、世間話をしていても共通の話題が出てきやすいので打ち解けるのも早いですね。

常に相手の旦那さんを意識して行動する

誰かのお母さんという事は、誰かの奥さんだという確率はかなり高いのは理解できますよね。

相手には旦那さんがいて、妻を大切に思っているはずです。急に出てきた知らないおっさんと親密にやり取りしている様に見えると面白くないのは当然ですよね。

私の周りだけ話なのかもしれませんが、女性よりも男性の方が圧倒的に嫉妬深い様に感じます。

実際に関わるママ友さん達よりも、その後ろにいる見えない旦那様に対して気を使っておかないといけません。

具体的な連絡の取り方

メールでのやり取りの場合はビジネス文書の様な形で送るのが良いでしょう。

私は常に『保護者会代表 ○○様 いつもお世話になっております』という様なスタートで書き始めて、必要事項以外は書きません。固いおっさんだなと思われるかもしれませんが、普段お話する時は普通にお話をするので、後に残る文面は旦那様に見られる事を前提として書いています。

ラインを使ってやり取りする場合は同じ様な仕事を担当している人達とグループラインにすると良いでしょう。どうしても個人的にラインをしなければいけない時は、『旦那さんも知っておいた方が良いと思うので招待してください』と言って、旦那さんも招待してもらっておくのが無難です。

個人的に会わなければいけない場合

基本的には個人同士で会うという状況は避けられるだけ避けるに越した事はありません。

しかし何かの引き渡しや、会合で時間内に話が終わらなかった場合は個人的に打ち合わせをしなければいけない場面も出て来る事があります。

その場合は出来る限り保育所や幼稚園の前で立ち話がいいですが、季節的に寒かったり暑かったりした場合はカフェなどで行いましょう。『うち来ますか?』とか言われた事もありますが、近所の人に見られただけでも問題になりかねない事なので上手に断りましょう。

何かを持ってお宅に訪問する際も、ドア越しに話をして、『お茶でも飲んでいってください』と言われてもお茶が嫌いだとか喉が渇いていないだとか何でもいいので適当に凌ぎましょう。

私がトラブルになりかけた事

私がトラブルになりかけたのは、やはり相手の旦那さんに疑われてしまった事です。

その奥様と特に親密な関係にあったわけでも、頻繁に連絡をとっていたわけでもなく、ただ保護者会が同じで最低限必要なメールを送った事のある程度の関係の方でした。

ある日メールが入ってきました。簡単にまとめると『○○の主人です。一度お話したいのでお会いできませんか?』と伝えたいだけの内容が異常なほど長文でやってきました。

断る理由もないし、何が言いたいのかわからなかったので会ってお話する事にしました。

とても簡単にまとめますが『俺の妻に手をだすな。今後一切連絡するな。』という全く的を得ていない内容でした。私は『手を出しているつもりはないが、今後も連絡はする』と、とても単純に言いました。そして『俺からメールが来てそんなに嫌なら自分が保護者会に出てこい。出られないなら奥さんを信じるべきだ』という感じで〆ておきました。

その旦那さんは多分ごく一般的な人と比べてかなり嫉妬深い方だったのでしょう。しかし普通にメールを何通か送っただけで、いちいち呼び出されて文句を言われてはたまったものではありませんよね。

私はその一件以来保護者会関係者だけではなく、お母さん方に連絡をする場合はビジネス文書の様に書く様にしました。

自分の奥さんにも配慮を忘れずに

何も嫉妬深いのは相手の旦那さんだけとは限りません。うちの場合は気にしている感じはしませんが、自分の奥さんにも配慮をしておかなければいけません。

どうしても何かの決め事をしたりしていると、メールやラインが頻繁に入ってきて携帯電話をいじる時間が出てきてしまいます。

誰と連絡をとっているのかわからない状態で、ずっと携帯電話をいじっていたら気にするなと言っても気になるのが人間ですよね。

私は保護者会関係や地域の父母の会関係で連絡が続きそうな場合はそれとなく妻に伝える様にしています。『○○の件まだ決まってないわ』という様に保護者会関連で携帯をいじっているという事を理解してもらっておきます。

すると『ご苦労さんやねー』とか『面倒臭いのにありがとうね』と言ってくれるので変な気を使わなくて良くなるし、妻もずっと携帯をいじっている事を気にする事もありません。

時間がある時に今保護者会がどうなっているのか、地域の父母の会がどの様に動いているのかを説明しておくと、奥さんからも理解を得られます。

父親が保護者会に参加するのは気を使う!

本当は両親どちらが参加しても良いはずなのですが、現状は圧倒的にお母さんの出席率が高いのはどこも同じではないでしょうか。

15名参加の会合に私1人が男性という事なんて多々あります。そんな中で活動していきますので、絶対に気を使うし、相手にも何らかの形で気を使わせています。

私はもっと父親も保護者会活動に参加すべきではないかと思っています。

私の場合は保育所なので、基本的に両親共に働いているのが基本の形となっています。そうなるとなにも父親だけが時間がないということもないはずです。

こういった役員は両親のどちらがやっても面倒なのには間違いありません。しかし、我が子や我が子の友達の為により良い環境を作ろうという想いで動いてみるのも面白いです。

私は昨年度、今年度と役員をさせていただいて、良い勉強にもなりましたし、多くのお母さん達と交流がもてたのも良かったと思っています。自分の視野を広めるにも良い環境ですし、保育にまつわる事も勉強になったので、私は良かったと思っています。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市でひっそり会社経営してるオッサンです。
育児の事から趣味の事など役に立ちそうで立たない事を更新中!
読んでくれた人に少しでも笑顔になって欲しいなと思っています。

シィ坊をフォローする
子育て・育児夫婦関係
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
ボクとヨメ

コメント