我が家の保育所トラブル~長男が殴られる?前編

子育て・育児
スポンサーリンク

先日妻のミィ子からラインがやってきました。

普段ラインなんて中々入ってこないので、ラインが入ってくる時はよほど何かに困っているか、帰りにパンを買ってきて欲しい時です。

ミィ子
ミィ子

長男の事で共有したい話があるんだけど…

シィ坊
シィ坊

ん??なんかあった?

ミィ子
ミィ子

保育所でちょっと問題があってね。

シィ坊
シィ坊

ほうほう、どんな問題?

ミィ子
ミィ子

帰ったら話しするわ。

以前にこの様な話があった時は中々重要な話しだったので、ちょっとドキドキしながら家に帰りました。

スポンサーリンク

保育所での友達とのトラブル

いくらまだ小さいとはいえ、子供達にとって保育所はすでに社会です。

我々大人と同じように人間関係があり、色々な問題が起こっているのはご自身の体験からも理解できるところではないでしょうか。

そして、子供は良くも悪くも純粋なので、自分の欲求や想いに対してストレートに表現してしまいます。

うちの長男は優しいタイプの人間なので、攻撃の対象になってしまい、ストレスのはけ口の様になってしまっています。

ある特定の子から意味もなく殴られる

ミィ子から聞いた話しを簡単にまとめるとタイトル通りになります。

うちの長男は保育所で同じ子から毎日殴られたり嫌がらせを受けているという報告がはいりました。

長男本人からミィ子に相談が入り、ミィ子が保育所に確認した所その子が長男を意味もなく殴っているという自白が取れたそうです。

この事実は何も今始まった事ではなく、去年からずっと続いていて、我々夫婦も保育所に何度も相談し続けている事です。

初めて殴られている事が発覚した時

昨年度に長男から話は聞いていたのですが、『子供の事だから子供同士で解決するだろう』と安易な考えで長男の様子を見ながら、話しを聞きながら声かけをしていました。

その頃は長男が毎日毎日同じ話をミィ子にしてきていたのも私に報告が来ていたので知っていました。それに対して私達夫婦は心を痛めながらも、うちの子だけの話を鵜呑みにして保育所に相談するのもいかがなものだろうか?と思っていたので、長男に対してアドバイスをする程度にとどまっていました。

しかし私達夫婦も声を上げずにはいられない事件が起こりました。

長男がついに動いた!もう親として言うしかない!

殴ってくる子は大人の歯止めもないし、長男がやめてと言っても止めないので調子に乗ってエスカレートしていった様です。

『僕と一緒に悪い子になろう!』とか『僕とコンビになって悪い事しよう!』ととんでもないお誘いを毎日毎日呪文の様に言われ続けていたそうです。

長男は『悪い子にはなりたくない!』とその子に言いながら拒否していましたが、家に帰ってからミィ子に『悪い子になったらどうしよう!』と泣きながら訴えて来ていました。

段々見るに見かねてきていたので、夫婦で話し合い保育所に話を持っていこうかと思っていた時の事です。

ミィ子が次男を風呂に入れていて、続いて長男を入れようと思って呼んだ時の事です。

長男が明らかに片方の眉毛が薄い事に気付いたそうです。ミィ子が『眉毛どうしたの?』と聞くと長男は『○○君に顔が気持ち悪いから変えてこいって言われたから』と言って泣いていたそうです。

かなり追い詰められるまで私たちは動いてあげる事が出来ませんでした。

内容的に考えてもイジメの領域に達していると判断した私は保育所に話を持っていく事にしました。

保育所の対応と対策

昨年度から続いていた一連の流れを取り敢えず保育所に報告して、どの様に対処、対応、対策を出して来るか待ってみました。

朝ミィ子が説明して、夜私が迎えに行った時には担任の女性の先生から今回の件に関する詫びを言われました。対応は次の様な事でした。

  • 二人とも連れてきて話しを聞いた
  • 叩いている事を確認して謝らせた
  • 何故こんな事になったのか二人で考えさせた
  • 今後どうしたら叩かなくなるかを当人に考えさせた
  • 最後に仲直りさせた

こんな事で収まるならそもそもこんなに長く続いているはずもありません。

私はそれに対して保育所の対応を確認しました。すると思いの外適当な答えが返ってきたのを覚えています。

 

『よく見ておきます』

 

その子はそもそもうちの長男だけではなく、他の子にも意地悪をしてみたり、叩いてみたりと問題のある子です。

それをわかっているのだから、よく見ていたに違いありません。

よく見ているだけではどうにもならなかったからどうするのかを聞いているのにも関わらず『よく見ておきます』という回答は適当だとしか私には思えませんでした。

しかしこれ以上言っても面倒な親だと思われても厄介なので、『よくよく見ておいてください』と言ってその時は終わらせました。

そもそもどのタイミングで殴られるのか

先述の通り、先生はおそらくその子をよく見ているというのは嘘ではないでしょう。

見ているのは見ているのでしょうが、見えていない事も絶対にあります。当然担任の先生は他の子も見なければいけないし、他にも考える事ややるべきがあるので仕方がないと思います。

その様な状況を見ていて、先生が見ていない時に長男は殴られているそうです。

もしくは、担任の先生がお休みで先生の目が手薄になっている日によく叩かれるそうです。

悪知恵の働く子はそんな小さな時から悪い事をしてくるのですね。

報告した結果どうなったのか

報告したての頃は、私が中々の剣幕で先生に言った事もあり、しばらくは様子を見ていてくれたようで、ターゲットにはなっていなかったようですが、やはり担任という概念がなくなる土曜日は同じ様なけっかでした。

長男からも報告が次第に減ってきて、上手くいけばこのままなくなってくれるのかなと思っていましたが、3か月程過ぎた頃にまた大きな転機が訪れました。

長くなりそうなので、今回はこの辺で。長男の受難はまだまだ続きます。

我が家の保育所トラブル~長男が殴られる?後編
子供がいると何なりとトラブルも起こってきますよね。 本人に大した問題がなかったとしてもトラブルに巻き込まれてしまうというのはよくある話です。 人によっては『イジメられる側にも問題が有る』という意見をお持ちでしょうが、それはイジメ...
この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市でひっそり会社経営してるオッサンです。
育児の事から趣味の事など役に立ちそうで立たない事を更新中!
読んでくれた人に少しでも笑顔になって欲しいなと思っています。

シィ坊をフォローする
子育て・育児
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
ボクとヨメ

コメント