プロが教える!ラーメンスープの炊き方~家庭で本格自然派ラーメン~

雑記
スポンサーリンク

家庭でラーメンを作ると言ってもインスタントになってしまいますよね。

インスタントはインスタントで私個人的には美味しいと思っているので、全然有りだと思っています。

しかし世の中には自宅で本格ラーメンを作ってみたいと思っていらっしゃる方もいると思います。

私も一度だけ家で本気のスープを炊いてみた事がありますが、いかんせん時間がかかりますよね。

それに、材料にも困りました。

鶏ガラや豚骨なんて近所のスーパーでは売ってないじゃないですか。

しかし私はそれらの代用品を使って、しかもそれ程時間を掛けずに家でラーメンを炊いて家族から大好評を得ました。

これでも私はプロのラーメン屋なので、応用すればお店でも十分出せるレシピを公開します!

スポンサーリンク

自然派ラーメンはボディが命!強いスープを炊こう。

今回は自然派ラーメンを作る時のスープのレシピを書いていこうと思います。

やはり自然派という事ですので、スープ自体が美味しくなければ成立しません。

仕上がった白出汁を飲んだだけでしっかり味がしなければ美味しいラーメンには仕上がりません。

ミィ子
ミィ子

そもそも自然派ラーメンって何?

シィ坊
シィ坊

基本的に天然の食材で味を作っているラーメンって事かな。

ミィ子
ミィ子

天然の食材…?

自然派ラーメンとは

先述の通り、天然の素材から味を引き出したラーメンを指します。

化学調味料を無添加で作るラーメンを指して言う事が多いですが、実際100%無化調のラーメンを家で作るのは難しいです。

当然出来ない事はないのですが、一般販売の醤油に化学調味料が使われている場合が多いので、完全に化学調味料を使いたくない人は厳選した醤油を選んでいただければ家でも100%無化調も可能です。

ミィ子
ミィ子

成る程、化学調味料を使わないって事なのね。

シィ坊
シィ坊

そうだね。でも化学調味料を使わないとどうしても薄く感じちゃうね。

ミィ子
ミィ子

だからスープを強くしなくちゃいけないって事ね。

 

強いスープを炊くための材料準備

家で作る事を大前提として考えて『近所のスーパーで揃う』をコンセプトに材料を決めています。

  1. 豚バラブロック100g
  2. 鶏もも肉200gUP×4枚
  3. 白菜8/1
  4. 玉ねぎ半分
  5. 生姜1片
  6. 白ネギ1本(緑の部分)
  7. 煮干し20g

とりあえずこれくらいあれば2~3人前くらいのスープは炊けます。

ミィ子
ミィ子

意外と材料にお金がかかるのね。

シィ坊
シィ坊

そうだね。スープをしっかり取ろうと思ったら高くなっちゃうね。

スープを炊く

早速スープを炊いていきましょう。

仮に18時前後に食事を開始したいと思っているならば、この時点で14時前くらいがベストです。

準備として、白菜はざく切りにして、玉ねぎは粗みじん、生姜は2~3mmの薄切りにしておいてください。

スポンサーリンク

早速スープを炊いていこう!

  1. 家にある出来るだけ大きな鍋に水1500cc入れて強火で火にかけます。
  2. 火にかけると同時に鶏肉4枚を投入します。
  3. 灰汁を取りながら沸騰するまで待ちます。※浮いてきた油は基本的に取らない。
  4. 沸騰したら火を弱めて白菜と玉ねぎ、生姜、白ネギの頭を投入します。
  5. 投入したら一度火を強めて、沸騰したら弱火に戻します。
  6. 蓋を少し開けて1時間放置。※火が強すぎると水がどんどん減るので、水面が揺らめく程度にしてください。
  7. 30分経過した頃、豚バラを圧力鍋で10分炊きます。※水分は炊いているスープから肉が浸る程度取ってください。
  8. 1時間炊き終わったら鶏ももと玉ねぎ、白菜を引き上げて捨てます。
  9. そこに圧力鍋から豚バラと煮汁を鍋に戻して強火にします。
  10. 沸騰したら灰汁を取り、先ほどと同様に蓋を少し開けて弱火にして2時間放置します。
  11. 終わったら上に浮いた油を丁寧に取って、別の鍋によけておきます。※後で香り油を作ります。
  12. スープをざるでこして完成です。

残った豚バラは最後に醤油、酒、みりん、さとうで味付けして圧力鍋で5分程煮てチャーシュー風に仕上げます。

角煮風に甘辛くなりますが、スープとの相性を考えると和風出汁でサッパリ角煮にしておくのが良いかもしれませんが、トッピングはお好みでどうぞ。

スポンサーリンク

注意点

当然の事ですが、あまり火が強ければスープは無くなってしまいます。

最終段階で1000ccくらい残っていれば理想ですが、中々上手くいかない場合もあります。

もし仮に1000ccより少なければ水を足してしまいましょう。

逆に多かった場合は炊き時間を延ばして下さい。

そしてなにより、今回はスープの炊き方だけしか書いていないので、これではまだ食べられません。

次回ラーダレ編を書きますので、そちらを参考にするか、どうしてもすぐに試して食べたい方は市販のラーダレでも食べられます。

この記事を書いた人
シィ坊

兵庫県芦屋市でひっそり会社経営してるオッサンです。
育児の事から趣味の事など役に立ちそうで立たない事を更新中!
読んでくれた人に少しでも笑顔になって欲しいなと思っています。

シィ坊をフォローする
雑記料理
スポンサーリンク
シィ坊をフォローする
スポンサーリンク
ボクとヨメ

コメント